国々に伝わる、幸運を招く10の迷信
  • Original 韓国語 | 2017-11-22
    • 22k
    • 5
    • 61
  • 행운을 가져다 준다는 나라별 ‘미신’ 10가지 https://www.newsnack.me/top-10-superstitions-that-bring-good-luck/
国々に伝わる、幸運を招く10の迷信
Naomi_curator
1. ドイツ ー お皿を投げる
ドイツでは、結婚前夜にポルターアーベントと呼ばれるパーティーがあります。このパーティーでは、参加者は古いお皿を数枚持ってきます。この行為が新郎夫婦から不幸を遠ざけ、幸運を招くと信じられているので、参加者は新婚夫婦の家の前でお皿を投げて割るのです。
Naomi_curator
2 スペイン ー12粒のブドウを食べる

スペインでは、新年を告げる鐘の音を聞きながらブドウを食べる習慣があります。12月31日の夜中に鐘が12回打たれる時に、1回鐘が打たれる度に1粒のブドウを食べるのです。これは、スペイン人は12粒のブドウを食べるとで新しく迎える12ヶ月を問題なく過ごせると信じているためで、この迷信を実行することで新年の悪い精霊を追い払うことができると考えているからです。
Naomi_curator
3.スコットランド-食べ物に打たれる
スコットランドでは、変わった結婚式の風習があります。
それは、コカコーラやチョコレートムースのような様々な黒い食べ物を投げることで、花婿と花嫁を黒に染めるというものです。ねばねばしたソースで夫婦が完全に濡れた後、人々は花婿と花嫁をしっかりと縛ります。
そして、皆が彼らを観れるように村を行進するのです。
Naomi_curator
4.ロシア-鳥の糞が幸運をもたらす
ロシア人は鳥が自身に糞を落とすことさえも歓迎します。
なぜならそれは富をもたらすと信じられているからです。
Naomi_curator
5 フランスー 左足で犬の糞を踏む

フランスでは、右足で犬の糞を踏むことは不幸を招くと信じられています。その反対に、左足で踏むことは幸運をもたらすと信じられているのです。
Naomi_curator
6 エストニアー 12回食事を摂る1年の始まりの日に12回食事をすると、新しい1年の間健康で満腹でいられると信じられているからです。また、脂っこい食べ物をたくさん食べますが、完食せずに少しずつ食べ物を残します。これは、訪れる魂のためだと言われています。
Naomi_curator
7.セルビア-水をこぼすセルビアだけでなくたいていの南ヨーロッパでは、幸運をもたらすと考えられ人の背中に水をこぼすという儀式が行われます。特に、大切な試験やインタヴューの前日に、友達と家族が幸運を祈ってその人の背中に水をこぼします。
これは、その人の体に水が流れていくことが試験に通ることと同等とされているからです。
Naomi_curator
8 中国 ー タクシーに赤いリボン

中国では、学生は "gāokǎo"と呼ばれる大学の入学試験を受けます。これは日本の大学入学試験に似たものです。900万以上の学生が毎年この試験を受けるのですが、その日には学生はタクシーに無料で乗る事が出来るのです。そして全てのタクシーの運転手は自分の車に赤いリボンを結び着けています。それが学生に幸運を運ぶと信じているのです。また、学生は8という数字が書かれたタクシーに乗れることを望んでいます。なぜならば、中国では数字の8の発音は、富という言葉と音が似ているからなのです。
Naomi_curator
9. オランダとスイス-松の木を植える
オランダとスイスでは、新婚夫婦は家の前の庭に松の木を植えます。これは松の木が幸運をもたらし、彼らを祝福してくれると信じられているからです。
Naomi_curator
10.アイルランド-新婦のドレスとブーケにベルをつける
アイルランドは小さな鐘を新婦のドレスとブーケにぶら下げるという伝統があります。
これはベルの音が結婚の邪魔をする悪魔を追い払ってくれると信じられているからです。新婦だけでなく、式の参列者達も飾りとしてベルをぶらさげるので、ベルはアイルランドでは最も人気がある結婚式の贈り物のひとつです。
Naomi_curator
推薦コンテンツ すべて見る
5
العربية Italiano Indonesia Nederlands Svenska Español Kiswahili ภาษาไทย Tagalog Čeština Türkçe Deutsch हिन्दी, हिंदी suomi français Tiếng Việt Português Polski Bahasa Melayu Русский 日本語 中文(简体) 中文(繁體) English 한국어